任意整理手続きの手順

交渉

①お問合せ・相談のご予約

お電話、問合せ・相談予約フォームから事前に無料相談のご予約をお取りください。
その際、ご持参いただきたいお手持ちの資料をお伝えしますので、出来る範囲で結構です。

持参書類・資料

  • 借入契約書、ATM明細書、受領証、金融会社からの書類や督促状、お手持ちの全ての借入カード・クレジットカード
  • 身分証明証(運転免許証、健康保険証等)、印鑑(認印可)
相談

②面談・聴き取り

消滅時効の対象となる債権を確認します。
最後に返済した日が重要になります。お手持ちの書類で取引の履歴が分からない場合は、業者に履歴を問合せいたします

 

打ち合わせ

時効成立の可否調査

時効起算日を確定し時効期間が完成していないか確認します。
また、時効の更新(中断)、時効の猶予(停止)事由が生じていないか確認します。
知らない間に債権者から裁判を起こされ判決が確定していると、時効は確定から10年に伸長されているので注意が必要です

 

提出

内容証明郵便を発送

時効が完成してると判断されるものに対しては、対象の債権者に時効を援用する旨の内容証明郵便を発送します

 

終了

⑤債権者に確認

内容証明郵便発送後、2~3週間後に各債権者に電話にて時効成立確認を行います。その後、内容証明郵便の控えをお渡しして手続き終了です。